新シンボルマークのお知らせ

日本リハビリテーション医学会のシンボルマークにつきましては、かねてより懸案となっており、会員にも広く図案を募ってまいりましたが、デザイナー宇野泰行氏による作品が平成7年度日本リハビリテーション医学会評議会にて投票の上採択され、これにより新しいシンボルマークが決定いたしました。

新しいシンボルマークは、rehabilitationの頭文字“R”を「人」とそれを支える「手」になぞらえてデザインしたものであり、配色は原則として人の部分を黒、手の部分を赤としております。

学会誌の表紙にも本号から新しいシンボルマークが入りました。

どうぞ末永くご愛顧ください。

社団法人 日本リハビリテーション医学会

(リハビリテーション医学 Vol.33,No.1,1996より)