サイト内検索

リハビリテーション科女性医師ネットワーク(RJN)

第17回RJN懇親会【第54回学術集会 RJNランチタイム懇親会 in岡山】報告

日本で一番雨の日が少ないという『晴れの国・岡山』で開催された第54回日本リハビリテーション医学会学術集会2日目である6月9日に、岡山コンベンションセンターにてRJN懇親会in 岡山を開催しました。恒例の音楽部の生演奏に始まり、リハビリテーション科医、メディカルスタッフ、医学生、研修医など総勢59名の参加がありました。

RJN担当理事、浅見先生(佐賀大学教授)、大会長・椿原先生(川崎医療福祉大学学長)のご挨拶につづき、第1回秋季学術集会大会長・菅本先生(大阪大学教授)からのメッセージをRJN中馬委員長(滋賀県立成人病センターリハビリテーション科部長)がご披露し、華やかで和やかな雰囲気のなか、あっという間の1時間でした。
今回、グルメな参加者のハートをつかんだのは椿原先生と岡山大学千田教授からのプレゼント・地元岡山のマスカット。岡山のままかり鮨と和洋スウィーツでおなかも心も満たされました。

RJN懇親会は、若手医師にとってはロールモデルとなる先輩方から直接インタビューできる恰好のチャンスであり、キャリアを重ねるリハビリテーション科医には情報交換の場で、終始活発な交流風景でした。

今回参加いただきました皆様、本会開催にご支援いただいた学術集会の椿原大会長と事務局の皆様、ありがとうございました。今後とも、パワーアップを続けるRJNへのご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

担当世話人 永田智子(島根県立中央病院)、堅山佳美(岡山大学)