サイト内検索

リハビリテーション科女性医師ネットワーク(RJN)

第10回RJN懇親会【第8回リハ科専門医会 RJN懇親会 inさっぽろ】報告

2013年11月9日(土) 急に冷え込んだ札幌で行われた、第8回専門医会学術集会ですが、その寒さを吹き飛ばすような熱い意見交換会の後、同じ東京ドームホテル札幌「バー・ダンテ」で恒例のRJN懇親会が開催されました。

すっかり有名になったRJN懇親会ですが、全国のリハ医、研修医が総勢35名集合し、北の地で語り合いました。

話題は、普段の仕事の話から、家族の話、研究の話などバラエティ―に富み、初対面の先生達とも、不思議なくらいに話がはずみました。

途中で「虹と雪のバラード」の合唱が始まり、とてもびっくりしました。「虹と雪のバラード」は札幌市民にとっては五輪にまつわる大切な歌ですが、作詞者の河邨文一郎先生は、札幌医科大学の初代整形外科教授・リハビリテーション部の初代部長でもあり、北海道リハビリテーションの父とも呼ばれている先生です。このような会でもこの歌を聴ける因縁を感じました。会場がバーなのに合唱が飛びだす、という点で、いかに盛り上がった会だったかご想像できるかと思います。また、回復期リハで働くリハ医の会が、隣の会場で開催されたため、交流も2倍に広がりました。

ご参加いただいた皆様と、楽しく過ごせましたことを感謝申し上げます。学会の懇親会と聞くと、少し億劫に感じる先生が多いかもしれません。普段なかなかリハ医仲間に出会う機会のない総合病院やクリニックの先生、いつもと違うメンバーで話したい先生、話したくても会う機会が少ない旧知の先生などと、この機会を利用して、集まっていただけると幸いです。拍子抜けするくらいに、気楽に過ごせます。今後は、第51回リハビリテーション医学会学術集会(名古屋)でのRJN懇親会、第9回専門医会学術集会(鹿児島)でのRJN懇親会と続く予定です。是非お誘いあわせの上、お越しくださいますよう、お待ち申し上げております。

担当世話人 土岐めぐみ