サイト内検索

リハビリテーション科女性医師ネットワーク(RJN)

令和元年度女性医師支援担当者連絡会について(ご報告)

2020年1月8日

日本医師会女性医師支援センター・日本医学会連合 共催
令和元年度 女性医師支援担当者連絡会

日時:令和元年12月8日(日)13時00分―6時30分
場所:日本医師会大講堂

日本リハビリテーション医学会RJN委員
藤原 清香

 

本会は各学会・各大学など関係団体で情報を共有することで、さらなる女性医師の支援充実を目的としている会である。冒頭の日本医師会横倉義武会長の挨拶は以下のようであった。全国各地での医師の偏在、女性医師支援活動の活性化が求められている。さらに医師の働き方改革も進められる中で、育児しながら就業できる環境の確保や、時間制限や制約ある医師の働ける環境を考慮する必要があると考え、その環境整備は不可欠で、今後のさらなる女性医師のサポートと活用を推進していきたいという内容であった。

続いて日本医学会連合の門田守人会長は、実際に「支援」という言葉を使っている限り、本当の共同参画という平等な意味での実現ではない。フランスの国会議員は男女同数と定められたその歴史の変遷に触れ、「働き方改革」を含め、国民的な話題としていくべき案件であり、幅広いディスカッションに広げていく必要があると問題提起されていた。

そして、日本医師会女性医師支援センターの取り組みや、病児病後児保育や学童保育に対する支援の現状、女性医師支援に関するアンケート調査について報告があった。各医学会の女性医師の現状についえ5年前と比較し、確実に女性医師の割合が増え、活躍の場も広がりを見せている。大学医学部に勤務する医師の割合、役職者別のデータ、評議員や理事の女性医師の割合などが徐々に増え、学会としてポジティブアクション制などの実施割合、学会理事の女性枠の有無などから、男女共同参画は徐々に進んでいるとのことだった。

次の、大学や学会、医師会などの取り組みについて報告があった。大分大学医学部からは女性医師等キャリア支援モデル構築事業などの取り組み。帝京大学医学部では2013年に女性医師研究者支援センターが設立され、学内での女性医師研究者の支援システムを充実させてきた事例について発表された。

日本腎臓学会における女性医師の動向について紹介や、日本核医学会のナデシコの会という女性学会員の会:核医学診療に関与するあらゆる女性の会の取り組みについて紹介がされた。

神奈川県医師会からは、川崎市における医師会と行政の連携による病児保育施設の開設と運営について、山口県医師会からは男女共同参画推進部会の設立とその活動についての報告がされた。

まとめ

女性医師の支援は、昔は子どもを育てながら医師を続けられる環境を整えるのが目標の世代であったが、ようやく次のステップとしてキャリアアップや男性医師との間で公平に評価されることが重要と変化してきた。

勤務医の状況は世界的にはかなり働き過ぎで女性医師がキャリアをこの中で構築していくのは非常に難しい。

世界の動向と日本の動向がどれだけかけ離れているのかを踏まえて提言をしていかないといけないことや、働き方改革のなかで、男女ともに働ける環境と労働生産性を求められるようになってきている。女性医師の問題から一歩踏み込んで、他のコメディカルも含めて女性医療従事者として様々な職種を巻き込んでの女性の活躍を目指すなど、より広く啓発し国民的な話題へと広げることの重要性についても提言がなされていた。

今回の女性医師支援担当者連絡会における話題は女性医師医師支援にもつながる「働き方改革」と「新専門医制度」、「女子医学生のキャリアデザイン支援」の3つがキーワードであった。「男女共同参画」の大切さと今後の取り組みについて真剣に考えていく必要があるのだと実感した。

今回、このような連絡会に参加する機会頂き、日本リハビリテーション医学会はじめ浅見先生他RJNの先生方に心から感謝する。