サイト内検索

市民の皆様へ

テーマ 医療・介護におけるロボット技術導入の現状と未来
-医療・介護施設で活躍するアトムやガンダムたち-
実施日時 平成28年10月15日 13:00~
(各講演は質疑応答を含めて1時間。講演間に10分の休憩)
実施場所 名古屋市立大学病院 3階大ホール
愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂町川澄1
主催 公益社団法人 日本リハビリテーション医学会
共催 名古屋市、日本リハビリテーション医学会中部 東海地方会、名古屋市立大学
後援 愛知県、中日新聞社、愛知県医師会、名古屋市医師会、愛知県整形外科医会、愛知県臨床整形外科医会、愛知県理学療法学会、愛知県理学療法士会、愛知県作業療法士会、愛知県言語聴覚士会
対象者 静岡県、愛知県、岐阜県、三重県の県民および名古屋市市民(これら地域の医療、福祉、行政関係者も含む) 定員300名
内容

13:00-14:00    
1.「ロボットからバーチャルリアリティまで,医療・介護への工学技術の応用」
坂口正道先生(名古屋工業大学 大学院工学研究科 電気・機械工学専攻 准教授)

14:10-15:10
2.「ロボットがもたらす新しいリハビリテーションの世界 -移動を助ける-」
平野 哲先生(藤田保健衛生大学医学部リハビリテーション医学I講座 講師)

15:20-16:20
3.「認知症におけるロボット利用」
尾崎健一先生(国立研究開発法人国立長寿医療研究センター 機能回復診療部)

16:30-
ロボットおよび関連機器(歩行支援機器など)の展示と装着体験

参加費 無料
参加申込 参加を希望される方は、「往復はがき」あるいは「E-メール」に必要事項(氏名(ふりがな含む)、現住所、電話番号、E-mail)をご記入の上、申込期間内に下記の事務局宛お送りください。
申し込み期間:平成28年9月1日~9月17日

※参加希望者多数の場合は抽選と致します。当選された方には、事務局から「はがき」あるいは「E-mail」にて連絡いたします。なお、公開講座当日は、必ず当選をお知らせしました「ハガキ」、あるいは「E-mail」をプリントしたものをご持参ください。

事務局
〒480-1168 名古屋市瑞穂区瑞穂町川澄1
名古屋市立大学リハビリテーション医学分野 市民公開講座事務局
E-mail:shimin@sakurayama-reha.main.jp
連絡先 公開講座事務局
(名古屋市立大学大学院リハビリテーション医学分野内)
E-mail:toi@sakurayama-reha.main.jp

市民公開講座運営責任者
和田郁雄(名古屋市立大学大学院医学研究科リハビリテーション医学分野 教授)
E-mail:i.wada@med.nagoya-cu.ac.jp

市民公開講座事務局担当者
水谷 潤(名古屋市立大学大学病院リハビリテーション科 准教授・副部長)

ご案内チラシのダウンロード