サイト内検索

日本リハビリテーション医学会の概要

地方会学術集会並びに同時に地方会組織が行う生涯教育研修会用フォーマットダウンロード

  • 地方会と研修会の同時開催は赤枠・青枠の両方に、研修会のみの開催は青枠に入力ください。
  • 書き込む際にセルの設定はこのままでお願いします.また,演題のセルは増やさないでください。
  • 申請可能な講演数の上限はございませんが、受講者に関しては会期中の最大取得単位は学会専門医・認定臨床医が40単位、機構専門医が4単位の上限とします。
  • 講師資格の欄に次に該当する番号(複数可)を記入してください.
    (リハ科専門医=1,大学教授・准教授・講師=2,10年以上の医師歴でその領域の学識者=3,(医師以外で)リハビリテーション関連領域に学識の深い者 =4 )
  • 全ての講演に抄録は必要ですので1のシートに書き込んだ上で,お届けください。
  • 開催報告届は各開催前に事務局より各地方会へ送付いたします。

【日本専門医機構認定専門医共通講習の申請について】
※他学会で専門医共通講習として申請している場合は、リハビリテーション科領域講習として単位申請はできません。
※他学会で専門医共通講習として申請している場合は、当学会で専門医共通講習として単位申請を行なう必要はございません。
※専門医共通講習として申請する場合、演題名に「専門医共通講習」等を冠してご入力をお願いいたします。
※原則、5ヶ月前までに申請してください。ただし、本医学会並びに本医学会地方会主催の講習会については4ヶ月前までの申請を認めます。
教育委員会で審査の上、諾否を決しその結果をお返しします。審査によっては1〜2ヶ月を要することがありますので、余裕を持って申請してください。

下記のファイルは一旦ご自分のパソコンに保存してから、ご使用下さい。

地方会学術集会並びに同時に地方会組織が行う生涯教育研修会用フォーマット(エクセル形式)のダウンロード