サイト内検索

日本リハビリテーション医学会の概要

理事長挨拶

理事長挨拶

公益社団法人日本リハビリテーション医学会理事長
京都府立医科大学大学院教授
久保 俊一

 リハビリテーション医学とはさまざまな病態、疾患、外傷などにより生じた機能障害を回復し、残存した障害を克服しながら人々の活動を育む医学分野です。

 今、多様性が組織を活性化させるダイバーシティ・マネジメント(Diversity Management)というプロセスが注目されています。リハビリテーション医学のプロセスにはDiversity Management が含まれています。リハビリテーション科はさまざまな疾患や障害を対象とし、多くの診療科や専門職と関連します。この特徴をエネルギーに変えるべきです。多様性は多面的な社会貢献を可能にします。社会貢献の例として、障がい者スポーツの振興や障害のある人もない人も充実した人生を送れるInclusive Society(寛容社会)の実現があります。

 社会の高齢化が急速に進んだ現在では、リハビリテーション医学・医療の対象者は、小児から高齢者まですべての年齢層に広がっています。また、急速な少子高齢化は、疾病構造を複雑にしました。これに伴ってリハビリテーション医学・医療が対象とする疾患や障害は、運動器障害、脳血管障害、循環器や呼吸器などの内部障害、摂食嚥下障害、小児疾患、がんなど幅広い領域に及んでいます。さらに、不健康寿命が延びるにしたがい、病院や施設だけでなく生活期でも良質なリハビリテーション医療・医療が求められています。このように、リハビリテーション医学・医療に対する社会の期待は極めて大きいものがあります。

 リハビリテーション医学・医療が注目される現在、本医学会にはたくさんの課題があります。ひとつひとつに真摯に取り組みます。会員の皆様および関係する多くの方々の今まで以上のご支援とご鞭撻をいただけますよう、心からお願い申し上げます。

2017年4月